2014/8/3 (日曜日)

Magellan eXplorist 310 日本語化

Filed under: GPS,Magellan — imr @ 18:49:43

2011年に購入した英語版GPSユニット Magellan eXplorist 310。
購入当初はUIの日本語化への道を探るべく色々弄ったのですが、結局断念…
その後、GARMIN eTrex 30を購入したのを契機に、eXplorist 310の電源を投入することは無くりました…

ところが、先日このブログにeXplorist 510ユーザーのToshi様からコメントを頂きました。
“最新ファームウェアを載せると、310も日本語化できるのではないか?”とのこと。

「なぬ?」と思い、さっそくオフィシャルサイトのダウンロードページでeXplorist 310の最新ファームウェア(v.1.62)をダウンロードしてソフトウェアを更新して再起動…

ダッシュボードから、Tools -> Setteings -> Lnaguageを選択すると、言語リストの中に”日本語“があります。

shot00004

 

shot00006

“日本”を選択すると….

shot00007

 

しばしのインデックス更新処理の後、

shot00008

 

念願の日本語UIになりました。(^O^)

shot00009

 

で、驚いたのは、UIが日本語になるだけでなく、日本語の入力も出来るということ。
(出来るけど入力し難いです)

shot00010

2013年にeXploristの日本語版が発売されたのは知っていましたが、もしかしたら共通ソフトウェアなんでしょうか。
だとしたらその恩恵にあずかった形ですかね。

なんにせよ、情報提供者のToshi様ありがとうございました。

あと、3年前にラスター地図を表示するときに使った地図変換プログラムのtritonrmp.jnlpも、最新版ではOpenStreetMapからRMP (eXploristの地図の形式)を生成することが出来るようになっているので、環境が普通に使えるレベルにまで整ったという感じです。

というわけで、3年前に買った機器ですが、新しく買ったような高揚感が沸き起こり、、ここ数日このeXplorist 310にOpenStreetMapの地図を入れて持ち歩いています。

※ちなみに、以前に書いた私の感想が覆ったかというと、そういうことはありません。モッサリは変わりません。

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.557 sec. Powered by WordPress ME