GPXファイルをカシミール3Dで開く方法

方法1
1. カシミール3Dを起動
2. [ファイル]メニューから[開く]->[GPSファイル]を選択
3. 「GPSファイルを開く」ダイアログのファイルの種類で”すべて”を選択
4. 任意のGPXファイルを選択し[開く]をクリック

方法2 (この方法は既に読み込まれているGPSデータに追加する形になります)
1. カシミール3Dを起動
2. [ファイル]メニューから[GPS各種ファイルを読む]を選択
3. 「GPS各種ファイルからの追加」ダイアログで任意のGPXファイルを選択し[開く]をクリック

方法3 (この方法は既に読み込まれているGPSデータに追加する形になります。)
1. カシミール3Dを起動
2. エクスプローラで任意のGPXファイル(複数ファイル可)を選択し、カシミール3Dの図面上にドラッグ&ドロップ。

※ カシミール3D(Ver. 8.6.9)においての方法です。

PS
GPXファイルはGoogle Earthで読み込むのが手軽で視覚的にも楽しいのですが、GPSデータの管理や分析、編集機能はカシミール3Dの方が優れていると思います。
私の場合、全てのGPSデータ(GPXファイルや、GARMIN機からダウンロードしたデータ)は全てカシミール3Dに読み込み、カシミール3DのGPSデータファイルの(GDB)形式にして保存しています。

リンク:  カシミール3D

コメントはまだありません

最初のコメントをどうぞ!

コメントをどうぞ