2008年3月のアーカイブ

Whereigo

2008/3/8 (土曜日)

GPS端末を使ったゲームとしてGeocachingが有名ですが、最近はWhereigoと呼ばれるゲームも台頭してきました。このWhereigoGeocachingと同じGroundspeakが運営しています。
どのようなゲームかというと、以前こちらにちょこっと書きました。

このWhereigoですが、プレイするにはGARMIN Coloradoシリーズもしくは、GPSレシーバー付きのWindowsMobile端末(PDA, スマートフォン)が必要です。

Mioでこのゲームを楽しむには、MioにPocketPC向けのWhereigoプレイヤーをインストールする必要があります。
PocketPC向けのWhereigoプレイヤーはここからダウンロードできますが、事前にGroundspeakのアカウントを取得しておく必要があります。
このアカウントはGroudspeakが運営する他のWaymarking.com, Geocaching.comなどと共通のものとなっていますので、既にそちらでアカウントを作成している場合はそのアカウントでログインすることができます。

また、このWhereigoプレイヤーを実行するにはMicrosoft .NET Compact Framework 2.0再頒布可能パッケージが必要ですので、事前にインストールしておく必要があります。

WhereigoプレイヤーのインストーラはPlayerInstall.CABという名前のファイルです。
このPlayerInstall.CABをActiveSyncなどでMio本体の適当な場所に転送します。
そして、Mio本体でPlayerInstallをタップしてインストールします。

さて、Whereigoプレイヤーのインストールが済んでも、このままではゲームは楽しめません。
ゲームを行うには、”カートリッジ”と呼ばれるゲームデータファイルが必要になります。このカートリッジはWhereigoサイトで国や地域毎で分類されているものもあれば、地域に依存せず、どこでも楽しめるタイプもあります。
適当なゲームを見つけ、カートリッジをダウンロードします。
このとき、カートリッジのタイプとしてPocketPC Cartridgeを選択します。

“カートリッジ”は拡張子が.gwcというファイルです。このgwcファイルは
Mioの\My Documents\Groundspeak\Wherigo\Cartridgesにおきます。

gwcファイルを所定の位置に置いたところで、Mioのプログラムから”Whereigo Player”をタップして実行します。

wig.png