2006年11月のアーカイブ

フォーラム発のアプリケーション

2006/11/28 (火曜日)

フォーラムで話題になっているMio関連ツールのリンク

LocalSpotEditor 配布所
MioMapのローカルスポットを編集するためのソフト (Win)

Miotomo
ローカルスポットを編集するツール (Win/Mac)

LocalSpotDB
MioMap2のLocalSpotの管理 (Mio P350で動作)

POIEditor
MioMapのPOIを編集するツール(2006/11/28時点では表示のみとのこと)

バージョンアップ

2006/11/22 (水曜日)

Mio P350(WM5)用 のGPX Loggerをバージョンアップしました。

遅ればせながらインストーラを作成しました。

PCで実行するmsi形式と、Mio P350に転送してから実行するCAB形式の2種類を用意しました。

インストーラ時に、スタートメニュー以下とスタートメニュー->プログラム以下にショートカットを作成するようにしたので、これまでのように手動でショートカットを作成する手間がありません。

■変更点
2006/11/22
・インストーラを作成
・細かいリファイン

■ダウンロード
GPX Logger For Mio Mio P350(WM5)用

GPXやKMLをMioMapのローカルスポットに…

2006/11/16 (木曜日)

先日ローカルスポットをGPXに変換するプログラムを作ったが、それを進化させて、次の機能を追加した。

  • GPXファイルをMioMap用のローカルスポットファイル(*.csv)に変換
    事例) カシミール3Dで作成したウェイポイントをMioMapで使用したい場合。
    カシミール3DでウェイポイントをGPX形式で保存し、当プログラムで変換する。
  • Google Earthの(*.kml)ファイルをMioMap用のローカルスポットファイル(*.csv)に変換
    事例) Google Earthで登録した「お気に入り」地点をMioMapで使用したい場合。
    「お気に入り」をKML形式で保存し、当プログラムで変換する。

よって、プログラムも変えてLocalspotConverter(LsConverter)に改名した。

■使用方法
1. まず、母艦のWindowsに.Net Framework 2.0をインストールしてください。
既に導入済みでしたらこのステップは要りません。

2. 次にこのzipファイルをダウンロードしてください。
これが変換プログラムです。
http://etrexer.web.infoseek.co.jp/programs/programs/lsConverter_061116.zip
http://etrexer.web.infoseek.co.jp/programs/programs/lsConverter_070402.zip

3. ダウンロードしたzipファイルを適当な場所で展開してください。
中にlsConverter.exeという実行ファイルがあれば問題ありません。

4. MioMapのローカルスポットファイル(*.csv), GPXファイル, KMLファイルを、lsConverter.exeにドロップしてください。
複数ファイルを一気にドロップしてもOKです。

? これで変換が始まります。?

ドロップしたファイルによって、生成されるファイルが異なります。

MioMapのローカルスポットファイルをドロップした場合
GPXファイルに変換されます。
GPXファイルをドロップした場合
MioMapのローカルスポットファイルに変換されます。
KMLファイルをドロップした場合
MioMapのローカルスポットファイルに変換されます。

変換されたファイルは、変換元ファイルと同じ場所に生成されます。

ローカルスポットをGPXに…

2006/11/14 (火曜日)

母艦Windows PCで動作する、MioMapのローカルスポットファイルをGPX形式に変換するプログラムを作ってみた。

この記事で紹介するプログラムは下記記事にて紹介しているLocalsotConverterになりました。(2006/11/16)
GPXやKMLをMioMapのローカルスポットに…
(さらに…)

TOKYO測地系のGPXをWGS84に変換する

2006/11/5 (日曜日)

Mioには無関係な話題。
拙作GPX Loggerですが、Mio以外のデバイスでも使用されている話を目にします。
で、W-ZERO3[es] + GU-BT1という構成で使用されたShu-Style(W-ZERO3 Style)【W-ZERO3[es]】GPSで遊んでみよう・・・!「GPX Logger」(Part3)という記事ではこう書かれています。

で、GU-BT1で測定した緯度経度はTOKYOと呼ばれる日本独自の緯度経度。若干誤差があるらしいです。GU-BT1で測定した緯度経度(TOKYO)の値のまま、補正もしないでWGS84で表示させたので、あたかも「山を横断した・・・」状態になっているのですね。

せっかく取れたログがずれている….これは、非常にもどかしい…
GPXはテキストファイルなので、いろいろいじくれば補正できない事も無いのですが、不便なことには変わりません。
GPX LoggerにTOKYO測地系の座標値をWGS84の値に変換するロジックを組み込む事も不可能ではないのですが、はたしてTOKYO測地系で吐くGPSデバイスって多いのでしょうか?今後も出てくるのでしょうか?
調べたことが無いので分かりませんが、それほど多くは無いでしょう。
なので、レア仕様の機器のためにGPX Loggerの負荷を増やすのもどうかと思い、とりあえず、母艦PC(Windows + .Net Framework 2.0環境)でTOKYO測地系のGPXファイルをWGS84に変換するミニプログラムを試作しました。

以下が使用手順です。
(さらに…)

再び投稿 ALPSLAB route

2006/11/4 (土曜日)

昨夜、ALPSLAB routeにGPXファイルを投稿したところ、おかしな表示になっていた。そのことを昨夜書いたばかり

で、本日ここをみたら中の人のコメント

中の人 (2006/11/04 06:32:02)
GPX パーサを修正しましたので、もう一度投稿してみてください。

# ずいぶん早起きだなぁ…

で、早速再投稿した結果….

http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=77f299144b4fb305227f4def9412e7cf
(さらに…)

ALPSLAB route

2006/11/3 (金曜日)

ALPSLABの新サービスの「ALPSLAB route」が面白そう。
作成したルートを地図に公開できるわけですが、

ルートはルート作成ページで作成できるほか、GPS端末から取得したログやKML形式のデータなども投稿できます。

TRK, KML, GPX, POIX, slide, Gpsdrvr いずれかの形式のログをペーストしてください。

とのことで、投稿可能データフォーマットが豊富。しかも他人が公開しているルートもGPXやKMLでダウンロードできるというオープンな仕様。

GPSデバイスで取得したログをGoogle Earthに表示するのがちょっとしたトレンドなわけですが、このALPSLAB routeもなかなか使えそう。

早速カシミール3DにからGPXにエキスポートしたファイルを投稿してみたのですが、なんか変です。キレイな一本のトラックログを投稿したのですが…何か間違えた?

GPX Logger

2006/11/1 (水曜日)

Mio P350(WM5)用 とMio 168用のGPX Loggerをバージョンアップしました。

■変更点
2006/11/1
・[stop]ボタンはダブルタップに変更。(誤操作を防ぐため。)
・アイコンを修正
・細かいリファイン

■ダウンロード
GPX Logger For Mio Mio P350(WM5)用
GPX Logger 168 Mio 168(PPC2003)用