2006年9月のアーカイブ

trk2gpx

2006/9/28 (木曜日)

最近GPS Tuner Ver.5を愛用しています。
GPS Tunerは、MioMapのようなルートナビゲーション機能は無いものの、指定した目的地に対する直線ナビゲーションは行えます。
そして、ログ取得機能があます。GPS Tunerのトラックログも記録間隔が変動します。ログはおなじみのGPX形式でも保存可能です。
あと、指定したフォルダ内に自動的にトラックログを保存してくれる機能もあります。
gpstuner_track.gifただこの方法の場合、保存されるログファイルは*.trkという拡張子が付いた、GPS Tunerオリジナルのフォーマットなので、そのままPCに転送しても、即カシミール3DやGoogle Earthで読み込ませることは出来ません。

カシミール3DやGoogle Earthで読み込ませるには、GPS Tunerでトラックログ(*.trk)を読み込み、GPX形式で保存しなおすか、GPS Tuner用地図補正ソフトのMap Calibratorでトラックログ(*.trk)を読み込み、GPX形式などで保存しなおす方法もあります。
また、*.trkファイル自体は、セミコロンがデリミタの1行1レコードという単純なテキストファイルなので、Excel等の表計算ソフトで開き、CSV形式で保存しなおして、GPS Babelで他の形式に変換するといった方法も考えられます。

しかし、たまりにたまるトラックログファイルを毎回チマチマと変換するのは面倒なので、デスクトップPC上で、ワンステップで*.trkファイルをGPX形式に変換するだけのプログラムを作りました。

ダウンロード : trk2gpx

trk2gpx.exeの実行には、Microsoft .NET Framework Version 2.0が必要です。

■使用方法
1. PDAからGPS Tunerのトラックログファイル(*.trk)をPCに転送。
2. trk2gpx.exeにGPS Tunerが生成したトラックログファイル(*.trk)をドロップ。(複数ファイル可)

GPS Tuner 5

2006/9/22 (金曜日)

しばらく目を離していたら、サイトデザインも変わって、Ver. 5も正式にリリースされたようですね。
http://www.gpstuner.com/
ライセンス購入しました。

■余談
アクティベートの際。シリアルナンバーを入力するのだが、キーパッドの出し方が分からなかった。
が、↓ここをタップするとキーパッドが表示される。良く見るとキーキャップのアイコンである。
gpstuner_keyboard.gif

■失敗談
Ver. 4のライセンスを持っていたので、Upgradeライセンスだけでいいだろうと勝手に思いこみ、Upgarde Standard v5.0 ($17)を購入。
しかし、そんなに甘くなく、どうやらUpgradeはVer. 5に対してのみ有効らしく、アクティベートできず…
結局、GPS Tuner Basic v5.0 ($24) も購入。
普通にGPS Tuner Standard v5.0を購入すれば$34で済んだモノが、結局GPS Tuner Basic v5.0 ($24) + Upgarde Standard v5.0 ($17)で計$41払ってしまった。。

W-ZERO3[es]でGPX Loggerが動いた! …. ようです

2006/9/16 (土曜日)

Mio168ユーザーでもあるFrogBlogの米田裕さん。
数日前からW-ZERO3[es] + コメットUSB/3という構成で、GPX Loggerを使ったログ取りに挑戦していました。
W-ZERO3[es]もMio P350と同じOS (Windows Mobile 5 for Pocket PC)を使用しているから、大きな問題はないだろうと、W-ZERO3を持っていない私は思っていたのですが、メールでやりとりを始めると、どうも様子が違う。

そもそもW-ZERO3[es]のWM5では、[設定]に[GPS]が無いらしい。
しかし、この件は、Windows Mobile Team Blogの記事で、中には[GPS]設定が隠されている製品も有る、と言う記述を読んでいたので、このURLとレジストリ変更箇所を伝えた。
これで一見落着かと思いきや、米田さんからのメールを読むと、どうもうまくいかないらしい。
失敗の報告記事もFrogBlogに挙がっていた。
う?ん、これ以上は私もW-ZERO3[es]の実機を持っていないのでお手上げ….

で、翌朝(今朝),。先の記事を読むと、niratamaさんという方のコメントが付いている。
読むと、なんと 解決法がサラッと書いてあるではないか。しかもGPX Loggerも動いているらしい。
すばらしい!

で、先ほど米田さんのFrogBlogに成功記事 & ハウツーがアップされました。

W-ZERO3[es]でGPX Loggerが動いた!

一時は失敗かと思われましたが、niratama氏のアドバイスにより、見事成功です…
かくして、W-ZERO3[es] + コメットUSB/3 + α(USBケーブル等)という構成でGPX Loggerが使えることが確認できました。

※レジストリ変更があるので要注意

Google Earthの日本語版

2006/9/15 (金曜日)

Google Earthの日本語版(リリース 4 – ベータ版)がリリースされています。
GPX Loggerの*.gpxファイルも問題なく読み込めました。

P350 : GPX Logger

2006/9/14 (木曜日)

バージョンアップ

■更新内容:
・スタートメニューから[Today]を選択しても、Today画面が表示されない不具合を修正。
・横画面にした際に、スクロールバーを表示するようにした。

ダウンロード : GPX Logger For Mio

0005.gif

P350 : GPX Logger

2006/9/8 (金曜日)

バージョンアップ

■更新内容:
・settings.xmlにおいて、ログ保存先の指定をパス表記にするようにした。

例)
\Strage Card (SDカードに保存する場合)
\ (デバイスルートに保存する場合)
この指定パス以下に”GPXLogger”フォルダが作られ、その中に*.gpxファイルが生成されます。

・SettingsEditor: メニュー項目に”保存してGPX Loggerを起動”を追加
・SettingsEditor: [起動プログラム]項のファイル参照ダイアログにて、*.lnk (ショートカット)ファイルも対象にした。

ダウンロード : GPX Logger For Mio

P350 : GPX Logger

2006/9/3 (日曜日)

GPX Loggerの設定ファイルであるsettings.xmlをGUIで変更できるフロントエンドプログラム、SettingsEditorを同梱しました。
テキストエディタで編集しなくて済みます。
GPX Logger本体には変更ありません。

SettingsEditorはGPX Loggerを終了した状態で使用してください。GPX Logger起動中でも変更できますが、GPX Loggerは起動時にsettings.xmlを読むので、次回GPX Logger起動まで設定は反映されません。

GPX Logger For Mio

純正ブラケットをRAMマウントに装着

2006/9/2 (土曜日)

Mio168のときと同様の方法で、P350をRAMマウントに装着してみた。

純正ブラケットの丸い穴に、こうした自家製アタッチメント装着。
P1020896.JPG

で、バイクのハンドルバーについているRAMマウントで、このボールを挟んで固定。
2時間ほど走ってみましたが、特に問題無さそう…

ボール部分は後日塗装しようと思う。