2005年8月のアーカイブ

バッテリー交換の話

2005/8/20 (土曜日)

車での使用が多いので、いまのことろバッテリ切れを体験したことはないが、ヘタってきていることは確実である。よって、バッテリー交換は避けられないイベントである。素直にサポートに出すのが間違いの無いところですが、
つれづれ情報
さんの「バッテリー交換」という記事が役に立ちそう…

ほかにもMio168のカテゴリは、実験的な記事が多くて興味深いデス。

公知の裏技

2005/8/19 (金曜日)

Mio168RS + MioMapで、移動軌跡を保存して、後にPCで閲覧管理する方法

米田裕さんのFrogBlogにおいて、「Mio168RSとカシミール3Dの連携メモとMio168RSベーシック発売」と題した記事内で丁寧な解説。

長野県長谷村へ

2005/8/18 (木曜日)

8月15日
南アルプスの登山口である北沢峠行きのバス乗り場がある長野県長谷村までMioMapを使用。
マップコードだと171056799*33になる。
実は昨年も訪れた場所で、全くの未知の場所ではない。が、伊那市街はどう走ったのか、あまり覚えていないので、MioMapが役に立つ。

中央道伊那ICを降りてからがMioMapの本領発揮。
そしていざ伊那市街に入ったところ、MioMapが試される予期せぬハプニング。
MioMapが出したルートのある区間が、祭りか何かのイベントで歩行者天国になっており、警備員が通せんぼ。当然、MioMapに従うことができず、適当に走ることしばし。リルートで新たなルートを開拓してくれて、無事現地到着。

往復で取得したNMEAログサイズは8.4MB

前にも書いたが、目的地の方位が直線かなにかでビジュアルに把握できるとありがたいと思う。

↓こういうの

三島へ…

2005/8/13 (土曜日)

「田宮模型の仕事」を見に、三島市にある佐野美術館というところに行ってきた。

この美術館、残念ながらMioMapには載っていないので、事前にits-mo Naviにて検索し、拙作プログラムitsmo2lmlで、MioMapのローカルスポット形式に変換して利用。
東名高速道路沼津ICから現地までが、未知の土地になるためMioMapに完全依存。大して複雑なルートではないのでそつなく現地着。

[2005/8/14]
ふと思い、マップコードのサイト佐野美術館を検索してみたら、登録されていた。
食わず嫌いなところがあるマップコードだが、少し気が変わりました。

ハンディPCナビの実力はいかに

2005/8/3 (水曜日)

All AboutでのMio168RSのレビュー「ハンディPCナビの実力はいかに」の続編が8/2付けで公開されていました。

内容は…
Mio168RS(以下ミオ) VS 純正DVDナビ(以下ナビ)

「ハンディPCナビ2番勝負の2」