2004年12月のアーカイブ

ウォードライビング

2004/12/28 (火曜日)

WiFiFoFumネタ。
メニューの[Autosave (when GPS On)]にチェックしておくと、勝手にログを自動保存してくれる。
このログもテキスト形式で、GPSの測位座標と、無線LANの電波の受信位置が記録されている。こちらには各APに対して、座標毎、信号強度毎にレコードが生成されているようなので、各APに対して信号が強い位置を推測することができる。
このログを母艦に持ってきて、即席Perlスクリプトで変換し、カシミール3Dで読めるcsv形式に変換すると、無線LANの電波の受信位置を容易にカシミール上にマッピングできた。
赤いピンが受信地点。
事後に知ったのですが、こういった行為はWar Driving(ウォードライビング)と呼ばれるようで、あまり褒められた行為では無いようですね。
それはそうと、ここ二三日のWar Drivingでわかったこと

  • 無線LANはかなり普及している
  • ESSIDはデフォルトが多い
    corega,YBBUser,WARPSTAR-****,defaultが目立つ

WiFiFoFum

2004/12/26 (日曜日)

WiFiFoFumは発見したアクセスポイントをメニューの[Save log]でテキスト形式で保存できる。そして、アクセスポイント発見時にGPSで測位中であれば、その座標も一緒に記録される。
Wi-Fi SDカードを挿したMio168をダッシュボードにセットしWiFiFofumを起動。GPSポートもオープン。一時間弱走行して無線LANの電波と座標を拾ってきた。そのログをテキスト保存し、Perlで即席に作ったコンバータでカシミールで読めるCSVに変換して、カシミール3D上にマッピング。
田舎とは言え、思いのほか無線LANが普及していることが分かってちょっとビックリ。無線LANなど贅沢品だと思っていたので(笑)
※白地図上にマッピングしています。
その後東名高速道路に乗って、FreeSpotのアクセスポイントがあるらしい東名高速道路浜名湖SAに行ってみた。軽食コーナー入り口に無線LANに関する張り紙はあったので、その付近で30分ほどウロウロしてもESS-ID"hiwayspot"は見つからず。結局断念。
公衆スポットは駅周辺が多いようだが、車生活派の私としては、サービスエリア、パーキングエリア、道の駅、コンビニなどにAPを設置してくれるとありがたい。

SanDisk コネクト Wi-Fi SDカード

2004/12/25 (土曜日)

Vis-a-Visのクリスマスセールに、SanDisk コネクト Wi-Fi SDカードがあったので購入。本日到着。
とりあえず、付属のドライバと、WiFiFoFum, WiFi-Graphをインストール。
そして、3年ほど前に買ったものの、ほとんど使っていなかったWEP未対応の無線LANのアクセスポイントに電源を入れてテスト。ちゃんと電波を捕まえ、繋がりました。
「よくもまぁ、こんな薄っぺらな機器でここまで…」と感心しきりですが、常用しているSDメモリーとの抜き差しはめんどくさそうです。そのうち無くしそうな…

新幹線の窓際で

2004/12/20 (月曜日)

走行中の新幹線の窓際でGPS Tunerを使って測位。

花札柄のSDカード

2004/12/14 (火曜日)

上海問屋で売っている花札柄のADATA社製SDメモリカードDonya-SD Card1GB(\8,570 (税込\8,998))を買ってMio168に挿してみた。
Windows Media PlayerでWMAファイルの再生はできた。とりあえず認識しているようだ。

デジカメに最適!! DONYA FLASH 高速タイプSDメモリーカード1GBADATA社製SDメモリカードDonya-S...【楽天市場】上海問屋

GPS Tuner

2004/12/1 (水曜日)

omaniVGA対応試作品バージョンアップ。
GPS Tunerのトラックログをカシミール3Dで読み込めるCSV形式に変換するPerlスクリプトを書いてみた。
GPS Tunerのトラックログをカシミール3Dで表示