カテゴリ ‘使用レポート’ のアーカイブ

@trip mobile

2009/9/19 (土曜日)

GPSロガーi-gotUシリーズを出しているMobile Action社は@TripというGPSトラックログ共有サイトを運営している。(日本語可)

そこを眺めていたら、@trip mobileというフリーのモバイル用アプリを発見。

2009/9/19の時点では「註:@trip mobileについては、日本の環境で、携帯電話を使用して動作するかが、まだ判明していません。」と断りがあるものの
Windows Mobileであれば、5.0 以降で動くということなので、久々にP350にインストールしてみました。

起動するとこの画面…
スタート画面

[Start]ボタンをタップするとこの画面。
ここでログ取得インターバルの設定や、プリセットされたモードを選択できます。
右下のStartをタップで、ログ取得開始です。
20090919112339

この様に4つのモードがあります。

各モードのログ取得インターバルは、Log Interval画面で変更することができます。

Mode

これがLog Interval設定画面。
このバージョンでは時間指定しかできませんが、距離も指定できるといいですね。
20090919111800

これはログ取得中の画面。測位できていない状態なので、各パラメータが0ですが、測位していれば、各フィールドの値が変化します。
右下メニューの[Log]をタップするとPOI(Waypoint)を登録できるようです。
20090919112839
ちなみにStopすると、”Searching…”と表示され、写真を検索してようです。
また、@Tripサイトにトラックをアップロードできるようです。この辺は通信機能を備えたデバイスで試さないとよく分かりません。

これはトラック管理画面。
0000

トラックの詳細画面 (Track Info)
Photoタブは、サーバーから取得した近傍の写真が表示されるのかも…
20090919110124

これはTrack Map画面
通信機能を備えていれば、背景にGoogle Mapが表示されるのではないでしょうか…
20090919110150

取得トラックはGPX形式に書き出すこともできるので、後の活用の幅が広がります。
20090919110455

ちなみに、Windows Mobile 5のGPS設定で[GPSを自動的に管理する]にチェックを付けておかないといけません。

Mio P350でも問題なく動作しましたが、やはりスマートフォンで使うほうが、遊べそうですね。
WindowsMobile系のスマートフォンユーザーの方、ぜひお試しを。

都市部で使用

2007/5/27 (日曜日)

ここ2週間ほど、仕事の関係で名古屋の中心部に滞在。当然Mio P350を持っていきました。

Mio P350普段は郊外で自家用車内での使用がメインのため、都市部における徒歩での使用はいろいろと勝手が違う。

以降、気づいた点。

私はこれまでMioMapばかり使っていてPMD (Pocket Mapple Digital)は滅多に使わなかったのですが、都市部ではPMDのほうが詳細で頼りになる。

が、PMDは操作面や機能面で難アリだと思う。 それが残念。

普段乗り慣れない鉄道も利用しなくてはいけなかったので

UKEkiTan – 駅探クライアントをインストール。検索結果をキャッシュして持ち運べるのでありがたい。

Mio P350の電源ボタン。あの位置のおかげで勝手に電源が入ってしまうことしばしば。ここら辺、ユーザビリティテストをしたのだろうかと疑いたくなる。
ハイパーファクトリーさんの「Mio P350 使いこなしTip’s 第3幕」にその対策が載っていますが、オートロックを有効にしたところで、勝手に電源ボタンが押される事には変わりない。また、オートロックを有効にした場合、いちいち解除しないと使えないので利便性が落ちる。いずれにしろ、給電できない環境におかれている場合は非常に不便である。

次にPDAタイプがリリースされる場合には改善して欲しい箇所です。(イヤホンジャックの径とともに…)

使用レポート

2006/6/28 (水曜日)

MioMap 2.0
通勤時に使ってみた。
操作感はMioMap 1.3から変わっていない。
Mio168のVer. 1.3にくらべ、ルートを示す線がが太くなっていることと、色およびアイコンが変わった点を除けば、大きな変更はない。

地図は2005年4月のものらしい。できれば、平成の大合併が盛り込まれていてほしかった。
駅名検索は相変わらず単独では行えず。

外部アンテナ
付属の外部アンテナを接続してみたが、コネクタ部の引っ掛かりが浅いようで、ポロっと外れる。
[06/06/30 追記]
力を込めてプラグを押し込むと、カリッという感触とともに、そこそこ強力にひっかかった。

経由地通過後のルート再検索
個人的にはかねてから気になっている。経由地通過後のルート再検索の結果を検証したが、Ver. 1.3から改善は見られず…残念。
このあたりには手が入ってないのだろうか?

液晶保護シート
昨夜、いろいろいじっていたら突如タッチパッドが反応しなくなった。
原因がよく分からず、何度かリセットしたが改善せず。その後、張ったばかりの同梱特典の液晶保護シートを剥がしたら直った。
シートそのものが厚目で、サイズもピッタリなため、シートの縁がわずかに筐体と液晶の隙間に入り込んでしまい、圧がかかってしまうのが原因ではないかと推測する。

その他
あいにくの曇天だったので、青天下での液晶の見やすさ(見にくさ)などは判然としなかった。

WindowsMobileの設定にはGPS設定がある。
ハードウェアポートとプログラムポートを別途指定できる。
ハードウェアポートはCOM2。(MioのGPSポート)。これはMioの仕様
プログラムポートをCOM3COM4にした。 (これは任意)
そして”GPSを自動的に管理する”にチェックを入れる。
こうするとMioMap等のGPSアプリケーションのポート設定でCOM3を選択すれば、複数のアプリケーションで同時にGPS信号を扱えることになるらしい。
[追記 : 6/29]
プログラムポートがCOM3だと、なぜか測位できなかったので、COM4にした。
このあたりのことはマニュアルに記載されているかもしれないが、ドキュメント類は未読ゆえに詳細不明。

Mio168には、MP3プレイヤーやイメージビューワーといったおまけアプリがインストールされていたが、P350にはほとんどない。
MioCalcという単位換算機能つき電卓が唯一のおまけ。
※楽曲ファイルはWindows Media Playerで再生可能。画像はOS付属の[画像とビデオ]で閲覧可能。
Word Mobile, Excel Mobileに加え、PowerPoint Mobileもある。

Mio168からの大きな変更点は、ハードとOSに依存する部分で、GPS関連のアプリケーション自体は、喧伝しているほど進化していないような気がする。

ラーメン屋に行こう

2006/1/16 (月曜日)

同僚たちと、仕事が終わった後、某タウン情報誌に載っているとあるラーメン屋に行こう、ということになった。
しかし誰も行ったことが無い場所。タウン情報誌には簡略地図と住所しか載っていない。
さっそくgoo地図で住所から正確な場所を確認しつつ、MioMapでその場所付近を表示し、目的地として登録。
その後車に乗りこみナビ開始。全く迷うことなく辿り着けました。
素直に役に立ったと思います。

近況

2006/1/3 (火曜日)

最近めっきりと更新頻度が少なくなりましたが、Mio168に飽きてしまったわけではありません。
普通に使ってます。

2005 12/4 ジオキャッシングで三河湖に際にMioMapでナビ&ログ取り。現地ではGPS Tunerを使用
2005 12/24 浜松市佐久間町へ行く際にナビ&ログ取り。
2005 12/29 ジオキャッシングで愛知県の宮路山の駐車場へのナビ&ログ取り。現地ではeTrex Vistaを使用
2006/1/1 久々にSandiskのWi-Fiカードを使って、BBモバイルポイントのあるマクドナルドにてWEB閲覧。
2006 1/3 治部坂高原へ行く際にナビ&ログ取り。

使っていると欲が出る

2005/11/27 (日曜日)

ここに行ってきた。
最寄国道R23から離れると、全く未知の土地。で、MioMapに頼りっぱなしになって到着することができるわけですが、最近欲が出てきた。
というのも、MioMapの特性上、幹線優先のルートが提示される。目視判断で「どう考えてもこっちの道走ったほうが空いてて近いんじゃないの?」というような道があってもMioMapは目的地近辺までは幹線優先にしてしまう。
そこでMioMapを無視して、自分の意思で”我が道”を行くと、すぐにリルートが始まるが、しばらくは幹線道に引き戻すルートが出るばかり。しかし、遠く幹線を離れても引き戻しルートばかりが出ると、とたんに心許なくなる。ちゃんと目的地に近づいているのかが分からないからだ。(地図の縮尺を下げれば分からないことも無いが、走行中はいじれないという前提で…)
何を言いたいかというと、やはり目的地までの絶対方位を知りたいのだ。
↓こういうの。これがあればMioMapの思考をユーザーが補えるような気がする…

最短距離優先(規制情報あり)みたいなモードもあると助かるかな。

あと、個人的に解せないのが以前も書いている経由地問題。
参考)
2005年07月22日
2005年04月25日
2005年04月24日
本日、久々に経由地を2箇所指定し、帰路に着いたところ、2箇所目をこなした後でルートを無視したら、症状発生。がっかりです。その後は再設定するのも煩わしかったので、連続リルートも無視して走りとおしました。
経由地設定して走るとルートも無視できなくなるなんて…

蒲郡市へ

2005/10/1 (土曜日)

ジオキャッシングで愛知県蒲郡市へ行った。
蒲郡市はそこそこ有名な観光スポットがあるので、ナビに頼らずとも行けなくも無い。しかし、実際ナビが無いと、少し身構えてしまうであろう。私にとってはそんな場所です。

で、Mio168 + MioMapを使って現地に向かった。MioMapがはじき出したルートは東名高速道路 音羽蒲郡ICを降りるルートである。まぁ、有料道路を使うという設定だったので、それはそれでよい。
ただ、出費を減らしたかったので、高速には乗らず、MioMapを無視して愛知県入り。
で、いつしか気がつくと、国道23号線を西進するルートに変わっていた。それでよい。
現地付近に近づく。MioMapの地図を見ていると、あきらかに国道よりも近道があるので、適宜MioMaoを無視して無事現地到着。

現地ではBeeLineGPSを使ってジオキャッシング。これまでGPS Tunerを愛用していたので、勝手が違って少々戸惑ったが、無事完了。

ネタバレ含む詳細

山犬段へ

2005/9/17 (土曜日)

登山のため、静岡県の川根本町(旧本川根町)にある、山犬段小屋まで行った。
さほど難しいルートでも無いが一応ログ取りを兼ねてMioMapを使用。
Googleマップ
金谷から大井川の上流に進み、途中から林道に折れる。という易しいルート。
しかし、このルート、国道(473)よりも対岸の県道を利用したほうが良い箇所がある。が、MioMapは国道優先だった。
それでも林道左折ポイントを外すことなく、きちんと誘導されました。

長野県長谷村へ

2005/8/18 (木曜日)

8月15日
南アルプスの登山口である北沢峠行きのバス乗り場がある長野県長谷村までMioMapを使用。
マップコードだと171056799*33になる。
実は昨年も訪れた場所で、全くの未知の場所ではない。が、伊那市街はどう走ったのか、あまり覚えていないので、MioMapが役に立つ。

中央道伊那ICを降りてからがMioMapの本領発揮。
そしていざ伊那市街に入ったところ、MioMapが試される予期せぬハプニング。
MioMapが出したルートのある区間が、祭りか何かのイベントで歩行者天国になっており、警備員が通せんぼ。当然、MioMapに従うことができず、適当に走ることしばし。リルートで新たなルートを開拓してくれて、無事現地到着。

往復で取得したNMEAログサイズは8.4MB

前にも書いたが、目的地の方位が直線かなにかでビジュアルに把握できるとありがたいと思う。

↓こういうの

ジオキャッシング

2005/7/24 (日曜日)

愛知県大府市にて、ジオキャッシングで使用。
http://www.geocaching.com/seek/cache_details.aspx?wp=GCP9VM
MioMap1.2Jを使用して、現地までアプローチ。
しかし、MioMapの地図には伊勢湾岸自動車道など、新道が載っていないため、ところどころでリルート頻発。
しかし、適当にアタリを付けて走行しているうちに無事現地到着。

そこからはGPS Tunerを使用。普通ならば、GPS Tunerが示す方向に向かって歩けばいいが、今回のキャッシュはマルチキャッシュと呼ばれ、現地で得たヒントを元に、最終的なキャッシュの場所の座標値を現地で求めなくてはならない。
そのため、ちょっとしたメモを取ったりする必要がある。
そのメモはPocketPC付属のメモ帳を使用。

また、ときおりキャッシュの情報をGPX Sonarというアプリを使って参照する。
このGPX Sonarはgeocaching.comからダウンロードしたgpxファイルを管理することが出来、各ジオキャッシュの情報を持ち運ぶことが出来る。

この環境でペーパーレスキャッシングをしてきました。(紙を使わないジオキャッシングのことです。)