2006年06月28日

使用レポート

使用レポート

MioMap 2.0
通勤時に使ってみた。
操作感はMioMap 1.3から変わっていない。
Mio168のVer. 1.3にくらべ、ルートを示す線がが太くなっていることと、色およびアイコンが変わった点を除けば、大きな変更はない。

地図は2005年4月のものらしい。できれば、平成の大合併が盛り込まれていてほしかった。
駅名検索は相変わらず単独では行えず。

外部アンテナ
付属の外部アンテナを接続してみたが、コネクタ部の引っ掛かりが浅いようで、ポロっと外れる。
[06/06/30 追記]
力を込めてプラグを押し込むと、カリッという感触とともに、そこそこ強力にひっかかった。

経由地通過後のルート再検索
個人的にはかねてから気になっている。経由地通過後のルート再検索の結果を検証したが、Ver. 1.3から改善は見られず...残念。
このあたりには手が入ってないのだろうか?

液晶保護シート
昨夜、いろいろいじっていたら突如タッチパッドが反応しなくなった。
原因がよく分からず、何度かリセットしたが改善せず。その後、張ったばかりの同梱特典の液晶保護シートを剥がしたら直った。
シートそのものが厚目で、サイズもピッタリなため、シートの縁がわずかに筐体と液晶の隙間に入り込んでしまい、圧がかかってしまうのが原因ではないかと推測する。

その他
あいにくの曇天だったので、青天下での液晶の見やすさ(見にくさ)などは判然としなかった。

WindowsMobileの設定にはGPS設定がある。
ハードウェアポートとプログラムポートを別途指定できる。
ハードウェアポートはCOM2。(MioのGPSポート)。これはMioの仕様
プログラムポートをCOM3COM4にした。 (これは任意)
そして"GPSを自動的に管理する"にチェックを入れる。
こうするとMioMap等のGPSアプリケーションのポート設定でCOM3を選択すれば、複数のアプリケーションで同時にGPS信号を扱えることになるらしい。
[追記 : 6/29]
プログラムポートがCOM3だと、なぜか測位できなかったので、COM4にした。
このあたりのことはマニュアルに記載されているかもしれないが、ドキュメント類は未読ゆえに詳細不明。

Mio168には、MP3プレイヤーやイメージビューワーといったおまけアプリがインストールされていたが、P350にはほとんどない。
MioCalcという単位換算機能つき電卓が唯一のおまけ。
※楽曲ファイルはWindows Media Playerで再生可能。画像はOS付属の[画像とビデオ]で閲覧可能。
Word Mobile, Excel Mobileに加え、PowerPoint Mobileもある。


Mio168からの大きな変更点は、ハードとOSに依存する部分で、GPS関連のアプリケーション自体は、喧伝しているほど進化していないような気がする。

投稿者 imr 2006年06月28日 08:08 | トラックバック
コメント

P350入手されたんですね。
MioMap 2.0となっても1.3とさほど変わらず、地図データも最新ではないわけですね。
1GBのフラッシュメモリ内蔵で、実質的な値下げってことでしょうか? かなり安くなった感じはしますね。

Posted by: 米田裕 : 2006年06月28日 21:23

Mio168も地図が更新されれば、GPSナビゲーションツールの機能としては、大差無いような気がします。

Posted by: imr : 2006年06月28日 23:11

同じく液晶保護シートを貼った直後にタッチしても反応しなくなりました。使用レポートを参考にさせてもらっていたので、恐らく同じ原因だと思い半分剥がしてタッチしてみると反応しました。液晶保護シートが画面サイズにぴったしなためでしょう。そこで、4角のうち一ヶ所をごく小さくカットして貼り直し使用したところ、反応するようになりました。多分、カットしたことで、そこから圧が逃げたのだと思います。一度、試されてみては如何でしょうか。それではまた日々の更新を楽しみにしながら拝見させて頂きます。

Posted by: miomio : 2006年07月05日 01:21
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?




SPAMでない場合はこのチェックを外してください。